に投稿

大手建機メーカーの改善の行き詰り

建設機械メーカーへのAI導入に際し、事例企業では「GPS機能を装備した自社のICT (情報通信技術)建機を使えば、製品・サービス面で建設業の生産性向上に貢献できるはず」 という課題を考えてられていたようです。ご担当者の談では、「ほとんどの現場でうまくいかなかった」と言われていました。というのは、建設工程のあちらこちらにボトルネックが存在したからと考えられています。「建設生産プロセス」 (計画→設計→施工→維持管理)を見ると、建機は「施工」部分を受け持ち、 しかもその一部に過ぎません。つまり、ICT建機が活躍できる部分は限られているということがわかります。このため、建機がその活躍範囲内でいくら効率よく掘削し、盛土作業をしても、前後のダンプによる運搬がスムーズにいかなければ予定が狂い、結果的に建機も遊んでしまう、という状況が多くの現場で見受けられたそうです。つまり、トータル的な最適化がなされていなかったと言えます。そこで建機が関与しない他の工程も含め、それぞれの工程を担当されているお客様(施主、施工企業など)の課題をいっしょに考え、解決するというトータル的なソリューションを2015年初めに立ち上げられたとのことです。

に投稿

サイトにおける関連性など

質と時間を買うことについて説明していきます。関連性に関する4つのポイントは、①言語、②コンテンツ、③ドメインに目標キーワードが含まれる、④ドメインのリンク元、です。③の「ドメインに目標キーワードが含まれる」という意味をもう少し詳しく説明しますと、目標キーワードが「リフォーム」だった場合、ドメインの中に「reform」や「renovation」というような単語が含まれているドメインを選択しましょうということです。そして質に関する3つのポイントが⑤運用期間、⑥トップレベルドメイン、⑦ページランクとなります。続いて、質に関するポイントです。⑤の「運用期間」は5年以上の長い実績を積んでいるドメインを選択しましょう。

に投稿

SNSマーケティングを活用しよう

SNSを活用したマーケティングをWEBサイトの運営に役立ててみましょう。SNSマーケティングとは、これまでにもITの開発や社会情勢の流れに沿って大きな変革をみせているようです。SNSを活用するマーケティングと対比されるのは、SEOやリスティング広告などであると言われているようですが、サイトに訪れるユーザーたちの動向やデータを解析することから、商品やサービスの売り上げにつながるようなヒントを探ることがメインとされてきたようです。SNSを利用するマーケティングは、SNSのユーザーの増加とともに注目を徐々に集めるようになり、SNS人口の爆発的な増加にともないマーケティング業界のなかでもコンバージョンを高めるための多くのチャンスが潜んでいると着眼させるようになりました。

に投稿

人的リソースの人選には経験が必要

Web制作を請け負うのに必要となる提案書。作成にあたり特に苦労するのが人的リソースの計画。受ける仕事の規模や内容でまずは予想されるメンバーや役割分担を決め、いよいよ具体的な人選へと進めていくことになります。

作業内容や他の案件との兼ね合いもあり、作成担当者が一番頭を悩ますところではないでしょうか。場合によっては外部に委託という手も使わないといけなくなることも考えられます。人選するときの判断の目安となる事項を考えてみましょう。

まず挙げらえるのがそのスキルであり、スケジュール的に対応可能かどうか。さらに同様の制作実績内容から今回の案件への参加意思や希望ポジション、ダメな時に代わりとなる要員のあて、そして費用面での要求額等。

このように内容的にも人選にはかなりの経験が求められ、かつその後の進捗や最終の成果に大きく影響する重要な要素ということに間違いはありません。

に投稿

ポジションは職種と専門域であり

Web制作などの提案書に必須となる人的リソースの計画書。メンバーが決まったら次に各自のポジションへと駒を進めていきます。このポジションは一般的な職種というより、そのプロジェクトに特化した役割分担と捉えた方がわかりやすいかもしれません。

職種という一面から考えると、クライアントと直接関わり合いの多くなるWebプロデュサーや具体的な進行マネジメント役となるプロジェクトマネージャーやWebディレクター、デザイナー、そしてコーダーという分け方が一般的であり、実際の作業で考えるとトータル的な戦略室のような役割から、技術的な方面を担うシステムエンジニアなどテクニカル面での役割、デザイン面を担うアートディレクターなど、

そしてWeb制作には特に欠かせないコンテンツを担うWebディレクターやプランナーといった人たちがチームを組んでその各役割を担っていくことになります。

に投稿

レスポンシブWeb デザイン

GoogleはレスポンシブWeb デザインを推奨することを発表していますが、そのように運営側へ伝える理由は何でしょうか。URL やHTMLが変わらないことのメリットは伝えてきましたが、実はそれだけではなく、時代の先行きを見据えて、よく考えたうえでの発表なのです。

今後さらに便利なインターネット閲覧ツールが登場することになるかもしれません。つまり、特定のデバイスに依存しないWeb サイト制作手法の確立が、いま求められているのです。

いまやネット閲覧ツールが過多な時代でもあります。スマートフォンやPCのみならず、タブレットなどいろいろなデバイスからアクセスす る「マルチスクリーン」の時代に対応しようという理由も背景にあります。

インターネットの閲覧端末はいずれスマホ独り勝ちの時代へと突入し、 「スマー トフォンのみで閲覧できればよい」と考える時代が来る可能性がもちろん、 PC だけではありません。

タブレットや、今後出てくるであ ろう新規ネット閲覧ツールなど、デバイスがどんなものであろうとも、 情報においては一切違いがないことが理想なのです。

に投稿

競合する店舗

WEBサイトのコンテンツ構成の見直しや、SEO、リスティング広告に取り組む際に必要とされる事前準備として、類似品を取り扱うライバル店の活動状況の把握などが求められてくるようです。

多種多様な商材がひしめき合うWEBマーケティングにおいて、競合となる相手を見極めることは戦略を練るなかでの重要課題ともなってくるでしょう。

SEOやリスティング広告の成果がなかなか発揮されない問題点として、場合によっては競合と考えられるライバル店の存在がフォーカスされることがあります。競合する店舗の取り組みや商品のプロモーション活動を参考に、自社の取り組みを見直していくことが必要とされてくるでしょう。

WEBマーケティングを行う際のポイントとしては、狭い範囲での競合相手を視野に入れるのではなく、プラットフォームとされる商戦の場での広範囲に渡る競合相手を見極めることが重要となるようなのです。

に投稿

コンテンツ構成「誘導」

SEOやリスティング広告が担っているコンバージョンは、すべてが商品やサービスの購入につながっているわけではありません。

たとえば商品に対するユーザーからの問い合わせ、サンプル品の請求、体験入会、店舗への来店、会員登録など、広告主となる皆さんが設定するコンバージョンへの目的・目標設定は1つとは限りません。

広告活動を行う際に設定する最終的な目的や目標は、皆さん自身が自由に設定することができますが、広告活動におけるプロモーションの行い方によってはユーザーたちをミスリードすることにもつながってくる可能性が考えられます。

広告媒体から流入してくるユーザーたちを、コンバージョンの達成により近い導線に誘導できることがコンテンツ構成に求められてくるのです。

に投稿

SEOは絶対に焦らないことが大切

SEOは焦ったら負けと言われています。最低でも六ヶ月は必要だと言います。Googleウェブマスターツールの5つの指標を改善するためには、時間が必要なのです。2週間ごとの目標を定めて、SEOのPDCAサイクルを実行していきましょう。ウェブサイトを作って、すぐに1位になることはありませんし、今まで50位にも入ってなかったウェブサイトが急に1位になるわけではありません。もし仮に1位になったとしても、コンテンツが充実していないのならば、すぐに2ページ以降に落とされてしまいます。常に六ヶ月後のことを考えてじっくりと取り組む姿勢が大切です。目先の1位は捨てましょう。KPIを設定したら、ウェブサイトの改善に取り組んでいきます。ページランクの知識を活かすのも大事です。目標ページのページランクのスコアを上げていきます。

に投稿

ネットユーザーたちの評価を知る「SEO」

皆さんがWebサイトを運営される中で、今後の SEO を考えていくためには、スマートフォンなどの小さな画面の中で伝わる情報のあり方を、今一度、見直してみることも大切です。電車の中やバスの中でスマートフォンを眺めている人々は、ただ単にスマートフォンのモニターを眺めているのではなく、画面越しに見える情報を閲覧しているのです。 Instagram のようにただ単にユニークで美しい画像や動画を眺めている人々も、ポータルサイトなどを利用して社会的な情勢を伺っている人々も、ネットユーザーたちはただ単にスマートフォンの画面に視線を落としているのではなく、そこから読み取れる情報を切り取って自分自身に必要性があるものを収集しているのです。皆さんが Web サイトを構築していくなかで、大切なことは、スマートフォンの画面上から伝わる内容が、どれほどネットユーザーたちに響いているのかというような反響をリサーチしてみることです。運営側にとっては、最適な情報であっても、ユーザー視点から映し出される評価は大きく異なることもあるかもしれません。