に投稿

検索エンジンの黄金比

“検索エンジンの黄金比は「5:4:1」

Google Analyticsで解析できることはたくさんありますが、ここではどの検索エンジンからのアクセスが多いのかを調べて、そこからサイトの改善点を探しましょう。

日本の検索エンジンのシェアは、Yahoo!JAPAN、Google、その他の順で、おおよそ5・4・1という比率になっています。SEO対策をはじめたばかりのころは、Googleなどひとつの検索エンジンだけが飛び抜けて比率が高かったりしますが、SEOの対策をはじめると、自然とこの5:4: 1の比率に近づいていくものです。

バランスが悪ければそれぞれに対策を行う

もし、Google Analyticsの解析結果が5: 4 : 1の比率と大きく違っていれば、検索エンジンのいずれかがうまくアクセスを誘導できていない可能性があります。ただし、技術系のサイトなど、扱っているコンテンツによってはGoogleの比率が高いサイトもあります。Yahoo! JAPANが低ければ、ディレクトリへの登録やキーワードの強調、トップページからのリンクなどが行われているか確認しましょう。Googleが低ければ、キーワードを含んだテキス卜によるリンクや、PageRankの高いサイトとの相互リンクなどの対策を行いましょう。”

に投稿

個別リンクはコンテンツ主眼

Webページは、一般的に「共通エリア」と「メインコンテンツエリア」という2つの領域に分かれます。メニューやヘッダー、フッターといった共通エリアで、キーワードにリンクを張ってしまうと、それぞれの項目にキーワードとなる言葉が表示されて、とても不自然なものとなるため避けるべきでしょう。一方メインコンテンツエリアで代表されるようなエリアでは、コンテンツを主眼としてキーワードも盛り込んだリンク設定が検索エンジンのロボットにも検索ユーザーにも有効と考えられます。となれば、使用する言葉も、リンク先の内容を連想させるようなものを選定したほうがユーザーにとってわかりやすいコンテンツと映るでしょう。例えば、「出願動向調査サービス」を重要キーワードと仮定した場合、「弊社は、<a href=”patent service.html”>出願動向調査サービス</a>を行っています」が良い記載例ですが、これを「弊社は、出願動向調査<a href=”patent service.html”>サービス</a>を行っています」としてしまうと、重要キーワードが分割されて、効果も薄くなるのではと予想されます。このように、メインコンテンツエリアでは重要キーワードが含まれたアンカーテキストを設定することで、検索ロボットにも重要性を認識してもらえるでしょう。その他リンク先の内容とキーワードの整合性については、常日頃から確認するよう習慣付けしておくと良いかもしれません。

に投稿

キャッシュ

ホームページ作成の後、公開されたサイト運営を行っていくにあたり、SEO対策は避けて通れない対策と言えるのではないでしょうか。この効果を確実に上げるためには、対策と効果の因果関係が明確に分析できるよう、キーワードやHTML変更を行った時、いつ、どのようにその変更からの効果が検索結果の順位に反映されたかがわかるようにしておかなければならないでしょう。この「いつ更新した内容に対する反映か」という点は、検索結果の「キャッシュ」を見ることで即座に判断することができると言えるでしょう。キーワード検索の際に表示される、それぞれのページのキャッシュの調べ方として、「イタリア料理」で例を挙げてみることにしましょう。まず検索キーワードを入力し、表示される検索結果を表示しましょう。通常の検索の場合、ここからページタイトルをクリックしてサイトを訪問することになりますが、「キャッシュ」を確認したい場合は、ここで[キャッシュ]という部分をクリックしましょう。クリックすると、巡回ロボットが、一番最近収集したデータを元に構成したページが表示されるでしょう。このページの上部に注目してみましょう。このデータをいつ収集したのかということが表示されているはずです。ここに表示されている日付を元に分析することで、検索結果順位の変更が、どの対策をしたタイミングでページに反映されているのかということを割り出すことができるでしょう。キャッシュに表示されている日付が一番最近サイト更新を行った日よりも後日の場合、検索順位の上下を確認することで、施した更新がどのように影響を与えているかということを推測することができるでしょう。

に投稿

手動ペナルティと自動ペナルティ

何かしらの原因があった場合には、Googleペナルティを受けてしまう可能性があります。ペナルティを受けてしまうと検索順位を一気に下げられてしまうので、注意が必要です。Googleペナルティは、大きく分けて二種類があります。ひとつは、手動で行われている「手動ペナルティ」です。Googleの社員が自分の目で確認した上で行われるペナルティですので、自動で行われているものよりも重い違反行為である場合が多いです。そのため、再審査を受けなければペナルティが解除されるということはまずありません。原因としては、「ガイドラインに違反している」「明らかに不正なリンクが多く貼られている」「別のホームページに誘導するために存在している」「品質が低く、価値がないと判断される」「不正なアクセスがあった」などが考えられます。他にもコンテンツとして問題あると判断された場合は、ペナルティが発生します。Googleのサーチコンソールに登録している場合には、ペナルティを受けたという通知を受け取ることが可能です。次に、自動で行われている「自動ペナルティ」です。ペナルティと呼ばれることは多いですが、アルゴルズムが変わったなどの理由で単純に検索順位が大幅に下がったということもあり得ますので、手動ペナルティと違い「ペナルティを受けた」と判断はしにくいところになります。検索エンジンの評価によって自動で行われていることが特徴になります。例えばキーワードを大量に書き込んだだけのページや、同じ文章を使いまわしている、他のサイトからコピーをしているなどの特徴がある場合には、自動で検出されてペナルティを受けることがあります。悪意なく作成してしまうということもあるので、充分に気をつけましょう。

に投稿

リンクをうまくまとめる

私たちが普段当たり前のように利用しているWebサイ卜というのは、たくさんのWebページが集合して成り立っている世界であると考えられるでしょう。このたくさんのぺージは、基本的にはそれぞれのHTMLファイルを中心にして、CSSファイルや画像ファイル、スクリプトファイルと言ったもので構成されていると言えるでしょう。こう言った一つのサイトを構成している各ファイルは、さまざまなディレク卜リに収められているとされ、そのディレクトリ自体もホームディレクトリというものを軸にして整理、管理されているようです。このことから、Webサイトというのは、ホームディレクトリを中心として構成されるツリー状のディレクトリ構造と、それに含まれているファイルのことであると言っても過言ではないでしょう。しかし、 もちろんWebサイトの構造とはサイトを構成するディレクトリ構造といったものだけを指すものではないとも言えるでしょう。ホームページ作成などに関わるのであれば、この構造や構成というものも理解し、より環境の良いページを構築できるよう日々研鑽を積んでいくことが大切と言えるでしょう。ホームページの環境を整えるためには、トップページから他のページに飛ぶと言ったように「リンク」が必要不可欠であり、同じディレクトリ上に存在していながらリンクが貼られていないと言ったページがあったり、同階層に存在しているページでも優先順位などがつけられていると言った場合もあるようです。ディスプレイに表示される情報の量には限りがあるとされるため、本来であればひとつの情報として扱われていたものでも、複数のページに分けてアップロードされているという場合もあるでしょう。つまり、Webサイトの構造というのは、ナビゲーションのシステムとは切り離せない関係であるということができるでしょう。階層化された複雑なリンクの数々を、一つのサイトとしてまとめるためには、要素を理解し、整理して構造化していく必要があると言えるでしょう。

に投稿

ユーザーが安心感を得るWebコンテンツとは

 SEO 対策などにおけるその戦略の中の一つとして、サイトボリュームを増やすなどという戦略方法があるようです。サイトボリュームとは、いったいどんなことを言っているのでしょうか。サイトボリュームとは、内部対策などに影響を与えているようなのですが、 Web コンテンツなどの文章などの質を高めたりすることが、サイトボリュームにつながっているようです。実際に、サイトボリュームを増やしたいと言っても、どんな文章や、どんなコンテンツを増やしていけば良いのかと悩んでるような運営側のスタッフさん達もいらっしゃるとは思われますが、ユーザーからの視点として、そのニーズに多く求められていることは、商品購入前までの不安を解消する目的などとして、以前の利用者や商品購入者などの意見や、感想などといったようなコメントや、体験談などが、その要素として求められてくることが多いようです。もちろん商品もプロデュースする側の皆さんの意見や、商品説明なども、十分ユーザーたちには、情報として大変有効なものであるとは思われますが、第三者から得られる商品に対する意見や、感想体験談というものは、何よりもユーザーたちが、安心感を得るコンテンツ材料となってもいるようです 。

に投稿

プロジェクトとデザイン力

優秀な人材と聞いて最初に思い受かべる能力と言えば、やはりロジカルシンキングでしょうが、ロジカルシンキングだけではビジネスの世界で勝ち抜くことはできません。リーダーに求められるのは、デザイン力とも言うべき能力です。現代は情報過多の時代であり、フェイクニュースが飛び交い、情報が錯綜しています。社会構造は複雑化の一途を辿っており、構成員である我々は漠とした不安を抱えています。

産業界に期待するものは、この不安を解消してくれるような革新的なアイデア、サービスの提供であることは間違いありません。裏を返せば、企業はその革新的なアイデアが生み出されるような環境を、常に社内に作る必要があるのです。特に採用する人材の選定には慎重を期さなければなりません。応募者のデザイン力を問うために、様々な選考方法を用います。選ばれた社員は入社後も、引き続き新鮮なアイデアを捻り出し、そこから仮説を立てて検証することが求められます。彼らはロジカルシンキングは当然のように実装していますから、エビデンスをベースにして積み上げる作業もこなします。

企業が求めるのはその先のレベルであり、例えばソフトウェア開発であれば、仕様を決めて開発するウォーターフォール式はもちろんのこと、試行錯誤のアジャイル開発をも期待されるのです。中小企業であれば、ここまでのレベルに達しているところは少ないかもしれません。

しかし論理力だけに頼ろうとする企業には間違いなく未来がありません。自社の規模は小さいからそこまで考えられないと縮こまるのではなく、小さいなりに哲学と美学を持つようにしましょう。

人寄せパンダで集客力アップ!SEOパンダナビ TOPへ