に投稿

SEOの変化

グーグルが実施したパンダアップデート、ペンギンアップデートというWebサイト評価基準の更新でSEO業界は劇的に変わっているそうです。パンダ、ペンギンのように、良いサイト、悪いサイトの白黒をつけるという意味で、パンダやペンギンという名前がついているそうです。2011年以降、その精度は高まっているそうです。このため、外部リンクを利用したSEO業界の外部対策、個人コンサルタントの裏技を利用したサービスというものが効果を落としているそうです。検索エンジンというのは、星の数ほどあるWebサイトから最適なWebサイトを選び取れることこそが、その価値を決めるといえるかと思います。利用者にとっては、それができなければ価値がないといっても過言ではありません。だからこそ、「裏技」などを使って検索エンジンの価値を貶めるようなことは許せないともいえるようです。生き残りのための戦いともいえるようです。現在、検索エンジンを欺く手法というのは通用しなくなったそうです。コンテンツの文脈が解釈され、関連ワード、対象ワードと評価されるようになっているそうです。コンテンツのレイアウトも評価の対象になるそうです。一昔前にあった単語を並び倒したようなWebサイトではもう無理ということのようです。検索エンジンの技術はこの先もずっと進歩していくといわれています。