に投稿

個別リンクはコンテンツ主眼

Webページは、一般的に「共通エリア」と「メインコンテンツエリア」という2つの領域に分かれます。メニューやヘッダー、フッターといった共通エリアで、キーワードにリンクを張ってしまうと、それぞれの項目にキーワードとなる言葉が表示されて、とても不自然なものとなるため避けるべきでしょう。一方メインコンテンツエリアで代表されるようなエリアでは、コンテンツを主眼としてキーワードも盛り込んだリンク設定が検索エンジンのロボットにも検索ユーザーにも有効と考えられます。となれば、使用する言葉も、リンク先の内容を連想させるようなものを選定したほうがユーザーにとってわかりやすいコンテンツと映るでしょう。例えば、「出願動向調査サービス」を重要キーワードと仮定した場合、「弊社は、<a href=”patent service.html”>出願動向調査サービス</a>を行っています」が良い記載例ですが、これを「弊社は、出願動向調査<a href=”patent service.html”>サービス</a>を行っています」としてしまうと、重要キーワードが分割されて、効果も薄くなるのではと予想されます。このように、メインコンテンツエリアでは重要キーワードが含まれたアンカーテキストを設定することで、検索ロボットにも重要性を認識してもらえるでしょう。その他リンク先の内容とキーワードの整合性については、常日頃から確認するよう習慣付けしておくと良いかもしれません。