に投稿

手動ペナルティと自動ペナルティ

何かしらの原因があった場合には、Googleペナルティを受けてしまう可能性があります。ペナルティを受けてしまうと検索順位を一気に下げられてしまうので、注意が必要です。Googleペナルティは、大きく分けて二種類があります。ひとつは、手動で行われている「手動ペナルティ」です。Googleの社員が自分の目で確認した上で行われるペナルティですので、自動で行われているものよりも重い違反行為である場合が多いです。そのため、再審査を受けなければペナルティが解除されるということはまずありません。原因としては、「ガイドラインに違反している」「明らかに不正なリンクが多く貼られている」「別のホームページに誘導するために存在している」「品質が低く、価値がないと判断される」「不正なアクセスがあった」などが考えられます。他にもコンテンツとして問題あると判断された場合は、ペナルティが発生します。Googleのサーチコンソールに登録している場合には、ペナルティを受けたという通知を受け取ることが可能です。次に、自動で行われている「自動ペナルティ」です。ペナルティと呼ばれることは多いですが、アルゴルズムが変わったなどの理由で単純に検索順位が大幅に下がったということもあり得ますので、手動ペナルティと違い「ペナルティを受けた」と判断はしにくいところになります。検索エンジンの評価によって自動で行われていることが特徴になります。例えばキーワードを大量に書き込んだだけのページや、同じ文章を使いまわしている、他のサイトからコピーをしているなどの特徴がある場合には、自動で検出されてペナルティを受けることがあります。悪意なく作成してしまうということもあるので、充分に気をつけましょう。