シニア層とWEB

ウェブサイトを制作している中で、ターゲットとされるユーザーへの配慮が、大変気になる点でもありますよね。

ウェブサイト上で、見つける【文字サイズ】の変更ボタンなどは、ネットサービスを利用している人々に対してのバリアフリー的な、要素も持ち合わせているようです。

超高齢化社会であると言われる中で、シニア層を意識した製品や商品開発が多く行われているようです。

実際に、 WEBサイト制作の中でも、文字サイズを変更できるように、【大】【中】【小】といったような文字のサイズボタンが用意されていることがあります。

最近では、新聞の購買率が減ったのは、それまで新聞を購読していた年代のシニア層の人々が、新聞の文字が小さくて見づらいというような声を上げ始めた為であるなどとも言われています。そのような声を取り入れる形で、多くの新聞社は、新聞の文字を大きくするような対応を見せていますが 、WEBサイト上でも、そのような形でシニア層への配慮などが、大きな改善点の鍵となってくるのではないでしょうか。

実際には、このような文字サイズ変更ボタンを、運営側が用意しなくても、ブラウザの機能なので、画面の文字の大きさなどを調整できることも可能となるようですが、実際に、そのようなデバイス機器の操作に慣れていないシニア層となると、やはり、際と運営側からのナビゲーションが必要となってくるでしょう。

高齢者ユーザーなどの目線から、様々なWEBサイトへの改善点は多く見つかってくるのではないでしょうか。

人寄せパンダで集客力アップ!SEOパンダナビ TOPへ