画像認識能力の実際

サイト作成にも最近よく活かされているAI。


AIの進化を肌で感じることの多い昨今、誰もが実感しているAIの技術と言えば、画像認識でしょう。AIを搭載したコンピュータは、写真や動画に含まれる人間をはじめ、あらゆる対象を判別することが出来ます。

しかもその判別能力は、人間のそれを超えるケースもあると言われています。このAIの能力を活用した例と言えば、デジタルカメラの顔認識や自動運転の危険察知システムが挙げられますが、他の業界でも写真の特徴を基に分類したり、タグ付けしたりするための設計が可能です。

AIの凄いところは、この認識プロセスを一瞬で終えてしまう点です。人間が行えば、数か月から1年を要することもあるでしょう。

さて、AIに出来るのは画像認識だけではありません。データに眠る情報を発掘することも出来ます。これをデータマイニングと呼びます。

最近は収集できるデータが増えていますが、その膨大なデータの中から自社にとって役立つ情報、知見が得られれば、非常に有益であることは間違いありません。

データマイニングには限界があると漏らす人もいますが、そのような姿勢では、企業の成長や社会の幸福を制限してしまうことになるでしょう。

過去には、AIの開発を断念した企業と続けた企業とで明暗が分かれた事例もあります。それは自動翻訳機能です。かつてグーグルに先駆けて自動翻訳機能の開発に取り組んだ企業があったのですが、結局挫折しました。挫折理由は単純で、AIに学ばせるための文書量が足りなかったからです。それに対してグーグルは、インターネット経由で文章を集めることに成功しました。

正式に刊行された文章でなくても良いのであれば、ネット上でいくらでも手に入ることに目を付けたのです。その結果、グーグルは数十億の文例を取得し、かなり正確な翻訳を実現するに至りました。

人寄せパンダで集客力アップ!SEOパンダナビ TOPへ