サイトコンテンツを作るにあたって

コンテンツを作成するときに、ユーザーの検索意図を先読みするようにして、そのトピックに対して網羅的な情報を整備していきましょう。

情報を構成に落とし込む作業をします。それは見出しを作るという意味です。論文を執筆したりするときに、まずは目次を作るという作業から始めます。構成を作るということです。

マインドマップを利用して文章を書き出しても、それはあくまでも思考を図案化しただけです。文章を書き進むとそれでは複雑なものになってしまいます。論旨が通らないということにもなりかねません。

整理したマインドマップを参考にして、まずは見出しレベルを書き出します。そうして文章の骨格を作っていきましょう。

マインドマップのキーワードやトピックというのは複雑になりがちです。これを統合したり、分割したりして、シンプルでそれでいて抜けや漏れがない構成を作り上げることができます。

全体の構成が完成したら、今度はライティングです。骨組みに肉付けしていくつもりで書きましょう。

ニーズを調査して構成しているはずなので、構成に沿って書いていけば、コンテンツは作成できるでしょう。ただし、ニーズにマッチしていても、読みにくい文章だと、ユーザーは離脱してしまいます。

ライティングのときに意識しなければならないことがあります。まず、悩みに寄り添う内容であるかどうか。ユーザーが求める悩みに寄り添うコンテンツであることを意識しましょう。呼んだあとにユーザーがアクションを想定することも重要となります。

何らかの悩みを抱えて検索したユーザーはコンテンツを読んだら、悩みを解決するために行動を起こすものです。そのアクションを想定してライティングしましょう。

人寄せパンダで集客力アップ!SEOパンダナビ TOPへ