SEOって何?

SEO とは、「Search Engine optimisation」 などと呼ばれ「検索エンジン最適化」の略称と言われています。

グーグルなどの検索エンジンを利用するユーザーたちによって、検索エンジンによる検索結果の上位表示は、信頼度の表れなどと考えているのではないでしょうか。

そのようなユーザー心理をもとに、選定された検索キーワードを用いながら、検索結果の上位に表示されるような対策を行うことが 、SEO 対策などと呼ばれるものであります。

SEO対策なら東京SEOメーカーの初心者のためのSEO対策を一読してみてください。

検索エンジンとSEO

実際に、皆さんも日々検索エンジンを利用しながら、快適な暮らしを模索されていらっしゃるのではないでしょうか。

休暇に旅行に出かける際のツアーを検索してみたり、ヘアカットをする際に初回限定で、格安なヘアサロンを探してみたり、スポーツジムに通うために地元周辺のスポーツジムの料金設定をチェックしてみたり、ビジネスの上での競合企業をリサーチしてみたり、検索エンジンは多様なユーザーたちのニーズに応えるために日々進化し、そのニーズを支えています。

ユーザーたちの行動パターンが、全てにおいて検索エンジンの機能を左右しているなどとも考えられますが、実際には、検索エンジンに反映されるSEO対策へのアプローチは、公には明確に公表などはされていません。

その中で SEO 対策などを通して、多くの人々がその効果や、環境においての検証やリサーチを行う上で、様々な活路を見出しているようです 。

「マグネットコンテンツ」とは

皆さんは、「マグネットコンテンツ」と呼ばれる Web コンテンツネームを聞いたことはありますか?

「マグネット」は、「磁石」のことです。

磁石は、磁石や金属を引き寄せます。マグネットコンテンツとは、人々を引き寄せるいわゆる、人寄せパンダ的なコンテンツであるようです。

実際に 、Web サイトなどを運営されていらっしゃる方々は、「集客」をするその術に悩みをもっていらっしゃるかもしれませんが、マグネットコンテンツなどを Web サイトに設置することによって、その効果が集客として表れることもあるようです。

例えば、有名なアイドルの記事を、マグネットコンテンツとして、 Web サイト上に掲載するとなると、恐らくはアイドルのファンの方がたが、何かの拍子に訪れてくれるかもしれません。

そのような形で、お客様を引き寄せる呼ぶコンテンツのことを、「マグネットコンテンツ」などと呼ぶそうです。とてもうまいネーミングだとは思うのですが、このテクニックは、ウェブサイトを開設する際に、何かうまく集客を引き寄せるために使えそうなコンテンツだとは思いませんか?

マグネットコンテンツの活かし方

実際に、トップページに、このようなネットコンテンツを掲載することも良いのですが、実際にはサイトの階層の中でも、込み入ったところに、マグネットコンテンツを設置することで、マグネットコンテンツに引き寄せられてサイトを訪れたユーザーたちに、サイト内をくまなく見てまわってもらうというような効果もあるようです。

このマグネットコンテンツなどと呼ばれる人寄せのコンテンツは、実際の店舗や、ストアなどでも実施されているようです。

コンビニエンスストアなどは、人気商品である、お弁当や、ドリンクが、お店の奥の方に設置されてますよね。また、デパートなどでも人気のショップは、入り口からすぐの所に設置せずに、何回かエスカレーターを登った階層の奥の方に、あえて設置したりもするそうです。

このような形で、集客のあるショップやコンテンツを求めてくる人々を、うまく、Webサイトや、ストア内にナビゲートしていくと言った手法は、多様なシチュエーションに見つけられるそうです。

ターゲットとなる顧客心理をよく読み取ったテクニックでありますね。